記事一覧

印刷物の種類

男女

印刷物の用途

印刷物にはいろいろな種類があります。広告をすることが目的の印刷物にはフライヤー印刷と呼ばれるものがあります。これはチラシ印刷と同じ意味で使われる場合が多いので区別はしにくいですが、厳密には語源も性質も違うと言われます。戦前から終戦直後に、飛行機から広告物を配っていた広告印刷物がフライヤー印刷の語源と言われます。性質としてはチラシ印刷に比べサイズが小さい広告物や厚みのある広告物を指す場合が多いようです。一方、チラシは新聞広告がイメージされると思われます。目玉商品や新店舗の開店などを地域を限定して配る、もしくは新聞に折り込むといった方法が採られます。さらに、両者の違いを一般的なこととして見てゆきます。 大きな違いは、一言で言うと、取り扱っている用紙のサイズとそして厚さが違うということに集約されます。逆に印刷方式や仕上がりは全く同じと言われます。これは、用途の違いによると言えるでしょう。チラシは新聞折り込みなどで大量部数が必要ですし、用紙も薄くしないと配達しにくいわけです。またフライヤー印刷に比べ価格が安いので中小企業や個人事業主だけでなく大型スーパーまで様々な企業での活用がされています。一方、フライヤー印刷は小部数が特色と言えます。用紙のサイズは小さく厚いものが多いと言えます。使い分けは、その時々によって使い分けるのが一般的です。例えば、普段は得意先へのダイレクトメールにフライヤー印刷物を使用していたが、今回は多くの客にチラシ印刷で広告を送付してみようなどと使い分ける方法があります。印刷業者によっては、両者の使い分けのノウハウを提案してくれますから、利用してみるのも良いでしょう。

Copyright© 2019 フライヤー印刷の費用に関することや相場について紹介 All Rights Reserved.