記事一覧

年賀状

安心して頼める印刷の作業

イベントなどでフライヤーが必要になった場合は印刷会社に依頼しますが、デザインなどをどうするかが重要になります。フライヤー印刷を依頼する場合は担当者と相談する方や、インターネットを使って作業を頼むやり方があります。

詳しく見る

印刷機

宣伝効果の高いPR方法

フライヤー印刷は、企業や学校PRのため作るチラシのようなもので、作成する場合は業者へ頼むのが一般的です。宣伝効果の高いものにするためには、紙質や色合い、形などを工夫し目を引くデザインにすることが重要です。

詳しく見る

男女

印刷物の種類

フライヤー印刷はチラシ印刷に比べ印刷に使用される紙が小さく厚いことが特徴です。これはチラシ印刷が大量部数を印刷するのに対し、印刷枚数が少ない場合に利用されるという特徴があるからです。両者はで使い分けるため別の製品になったと言えます。

詳しく見る

カラーチャート

お得で賢いフライヤー制作

フライヤーは、店舗経営者がイベントやセールを知らせるための集客手段のひとつです。業者にフライヤー印刷を依頼すれば、手間も時間もかからず綺麗な仕上がりになります。業者ではロット数が多いほど割引されることが多いので、上手に活用したいものです。

詳しく見る

写真

宣伝力をすぐに実感できる

企業だけでなく個人でもサービスを利用できるところがフライヤー印刷の魅力で、格安のコストで宣伝活動を行えます。インディーズバンドなども宣伝のためにフライヤー印刷を活用しており、用紙のサンプルなどを届けてもらう事も可能です。

詳しく見る

費用についての基礎知識

印刷機

費用と相場について

フライヤー印刷の方法には、オフセット印刷とオンデマンド印刷があり、その方法によって費用が変わってきます。「オフセット印刷」は、版にインクをつけて、転写ローラーにそのインクを移してから紙に印刷をするという方法です。この方法はフライヤー印刷などの商業的な印刷で最もよく用いられている方法であり、部数が多いほど割安になるというメリットがあります。一方の「オンデマンド印刷」は、レーザープリンターを使った印刷方法であり、版を作らなくていいというのが特徴だと言えるでしょう。この方法は、少ない部数だけ印刷ができて仕上がりも早いというメリットがありますが、部数が多くなると割高になってしまうのがデメリットです。そしてフライヤー印刷の費用は、印刷方法だけでなく、紙の厚さや種類によっても変わってきます。紙の厚さは70kgや110kgといった連量で表記されるのですが、より厚みのあるほうが費用も高くなってしまうのです。そして紙の種類については、コート紙と上質紙で少し費用が違い、コート紙のほうが高くなります。紙の厚さや種類は、仕上がりの質感などを左右するものですが、コスト面を考慮して選ぶことも大切だと言えるでしょう。フライヤー印刷の実際の費用については、オフセット印刷でA4サイズ・コート紙90kgという条件で200枚印刷する場合は、3,000円前後になるのが相場です。そしてオフセット印刷の場合は、枚数を100枚プラスしても200円〜300円程度しか変わらないということが言えるでしょう。しかし紙の厚さについては、例えば上の条件で90kgを110kgにアップすると1,000円程度も違ってくるため、注意する必要があります。

Copyright© 2019 フライヤー印刷の費用に関することや相場について紹介 All Rights Reserved.